絶対に行くべき日本のベストサーキット4選

サーキットレースは、日本だけでなく中国、インド、マレーシア、インドネシア、フィリピンなどの他のアジアの国でも一般的で、日本を含む76ヵ国で大変人気があります。世界のファンは運試しにレースが開催される国に足を運ぶこともあります。

なぜなら、日本ではオートレースは合法であり、国中でさまざまなレースが合法で行われているからです。

この記事では、日本国内で最も人気のサーキットをいくつかご紹介します。

筑波サーキット

特徴 投稿画像 絶対に行くべき日本のベストサーキット4選 筑波サーキット - 絶対に行くべき日本のベストサーキット4選

サイズの点では、筑波サーキットは日本最大とは言えず、特別注目すべきものではありません。しかし、現在日本では最も人気のサーキットの一つとされています。

東京に近い茨城県にあり、レースには最適なロケーションです。コースは約2.5kmと短く、コーナーも14カ所しかありません。建設された1970年当時は、モータースポーツに惹かれた若者が多く訪れていました。

筑波サーキットは比較的小さい施設ですが、そのロケーションとレースの性質から、多くの人を集めています。

スポーツランドSUGO

ヤマハ発動機が現在運営しているのがスポーツランドSUGOです。この企業は数多くのスノーモービル、バイク、その他の電動の乗り物や船を製造しています。

1975年に開業したこのサーキットは、豊かな歴史を持っています。宮城県に位置し、計210万m2もの敷地があります。レースコースは長さ約3.8kmで、スーパーフォーミュラ、スーパー耐久、全日本ロードレース選手権、SUPER GTが開催されます。

富士スピードウェイ

富士山からわずか数キロメートルの場所に位置する静岡県内の施設で、国内、国際イベントを開催しています。

このバイクサーキットは長さ1.5kmで、最長かつ素晴らしい環境の施設とされています。

開業から今まで数多のリノベーションを経て、現在は5回目の修復作業がなされています。長さ約4.6km、16カ所のコーナーを持つ素晴らしいコースがあります。

岡山サーキット

このサーキットでは、国内のイベント及び、世界ツーリングカー選手権やフォーミュラV6・アジアなどの国際的な主要イベントが開催されてきました。イベント開催だけでなく、車好きの人たちに向けてバイクやゴーカートのレンタルも行っています。

レンタルを利用すれば、3.7kmの素晴らしいレースサーキットでスピードを出す体験ができます。2004年12月31日まで、この岡山国際サーキットはTIサーキット英田という旧称で呼ばれていました。

さて、これでどのサーキットに行くべきか見えてきたのではないでしょうか。日本旅行の計画をたてられますね!