カテゴリー: 事実

特徴 投稿画像 モータースポーツについての4つの興味深い事実 1360x636 - 日本のモータースポーツレースで興味深い4つのこと

日本のモータースポーツレースで興味深い4つのこと

日本はギャンブルを禁止している国です。しかし、ルールには例外がつきものです。モータースポーツレースはその例外に当たります。ここでは、このスポーツについてのことをいくつかお知らせします。

3億5000万ドルのモータースポーツ施設

特徴 投稿画像 モータースポーツについての4つの興味深い事実 3億5000万ドルのモータースポーツ施設 - 日本のモータースポーツレースで興味深い4つのこと

日本国内のコースの一つに、東京から北に60マイルほど行った栃木県にある本田技研工業の施設「ツインリンクもてぎ」があります。

もしここでF1のイベントも開催していたら、ヨーロッパスタイルのインディーカー、アメリカンスタイルのオーバルトラックのストックカーが組み合わさった、世界で唯一のテーマパークになっていたでしょう。

2011年3月11日の大震災後、オーバルトラックの代わりにロードコースで最後のインディーレースが行われました。震災の影響で、それ以後茂木町はインディーレースを開催しなくなってしまいました。

24時間レースの優勝者

特徴 投稿画像 モータースポーツについての4つの興味深い事実 24時間レースの優勝者 - 日本のモータースポーツレースで興味深い4つのこと

日本の富豪である郷和道は、アウディスポーツのチーム郷を結成、2004年に開催されたル・マン24時間レースで優勝を飾りました。この成功は日本人にとって1991年以来初めての優勝となりました。

次に優勝したのは荒聖治で、チームメイトはイタリア人とデンマーク人でした。1995年には関谷正徳がそれに続きました。

ロードレース世界選手権

特徴 投稿画像 モータースポーツについての4つの興味深い事実 ロードレース世界選手権 - 日本のモータースポーツレースで興味深い4つのこと

有名な日本の自動車メーカー、ホンダは1959年から現在までロードレース世界選手権の一端を担っていました。1961年に最初のレースでの勝利にとどまらず、2001年のロードレース世界選手権では250cc、500cc、125ccの 3つすべてのクラスで勝利を収めました。

およそ35年前、ホンダは250ccと500ccのバイクレースで、たった一人のライダーをチャンピオンへと導きました。これは不可能だと考えられていたことだったのです。

世界級のライダーたち

特徴 投稿画像 モータースポーツについての4つの興味深い事実 世界級のライダーたち - 日本のモータースポーツレースで興味深い4つのこと

日本は世界級の自動車とバイクを生産しているだけではなく、素晴らしい日本人レーサーや、日本製バイクに乗る世界のトップライダーを多く輩出しています。

日本にとっては鼻が高いことに、多くのライダーが山道や日本の高速道路を走るのに夢中になっているのが見られます。言わずもがな、日本のモータースポーツは大変大きな注目を集めています。ここで挙げたことを興味深くお読みいただけていたら幸いです。