review

順不同・敬称略

「樹は気」だと言う人がいる。
樹によって癒される人、元気づけられる人がいる。
そんなことをあらためて感じさせてくれる映画。

―安部鉄雄(樹木医「NPO法人 自然への奉仕者・樹木医協力会 理事長」)

樹齢2000年、神が宿る迫力のオリーブ樹
愛と平和の象徴にまつわる物語に
大切な事を思い起こされました

―井上智博(井上誠耕園 園主)

「植物の声を尊重するか、我を通すか」…
折り合いをつけなくてならない事がある。
だからこそ、色々な立場にたった時に見える景色がある。

―杉井志織(園芸研究家)

神々しいオリーブ古木は息を呑む美しさ。
ままならない苦しさも、もどかしいジレンマも、
誰しも心の中に根を張る特別な木を持てたなら、きっと明日は変わるのだ。
すべてを大きく包み込んでくれるオリーブ畑が待っている。

―長友姫世(公式オリーブオイル鑑定士)

その昔栽培された屋久杉を思った。
静と動の映像は、失ってはいけないものを問いかける。

―山下浩一郎(南日本放送、「世界遺産」屋久島編ディレクター)

オリーブの樹は教えてくれた。
どんな苦境にあっても、人は希望を見出し、新たな命を継いで行けると。

―増田ユリヤ(ジャーナリスト)

オリーブが刻んだ2000年の声に耳を澄まし、今を生きる魂たち。
ときに激しくぶつかり、ときに分かち合いながら、また2000年先の夢を見る。

―安田菜津紀(フォトジャーナリスト)

2000年かけて受け継がれた樹木の無言のメッセージ!
「在スペインの私の知人は夫が失業し家の隅にじゃがいもを植え始めた…」
自然は人間らしさを育み 繁栄は自然を葬る…。

―風吹ジュン(女優)

オリーブの巨樹 すばらしい祖父 おてんばな孫娘アルマ
たしかな未来を感じ涙、涙しました。

―柳生博(日本野鳥の会 会長 80才)